英語の勉強のオリ(檻)

英語の勉強の檻と壁

英語の勉強時に表れてる檻と壁

英語の勉強のときに感じる檻や乗り越えなければならない壁というのは、誰しもが経験することです。ですが、その檻や壁を越えなければ英語が話せるようには決してなりません。日々、試行錯誤と自分と向き合うことで道が開けてくると思いますので、あきらめずに英語学習に取り組みましょう。

 

表れる檻

・間違えるのが怖い
・発音がわからなくて英語を話すのも恥ずかしい
・日本語で考えて日本語を英語に訳して話をしてしまう

 

表れる壁

・英語が聞けない、理解できない
・英語を話せない思い浮かばない
・どうやったら上達するのかわからない

 

それぞれ破らないといけない檻と乗り越えなければならない壁があります。どうやってその問題と向き合うか?どうやって乗り越えるかどうかを悩みながら、もがきながら取り組んでいくことはとても貴重で大切な時間です。その時期がつらくてもあきらめずに取り組んでいけるようにあらかじめ、上記のような問題がどこかの時点できてしまうことは確認しておきましょう。

 

 

英語学習における檻と壁と戦う

英会話をしたいのに、その一歩が踏み出せない人の中には、プライドが捨てられなかったり恥ずかしくてしかたがない人も中にはいるかもしれません。そもそも、学校教育の現場では、テストを前提としていたため、間違える、ということに抵抗がある人が多いというのもあるでしょう。

 

今まであまり間違いなんてしなかったのだから、聞きとれなかったら恥ずかしいという思いが強いというのも心情的には理解できます。しかし、そんなことを言うならばどんな習い事だってそうです。初めての場合は誰もかれも失敗をして、年月をかけて成長していくものです。

 

仮に、自分だけがレベルが低く劣等感を感じるのであれば、レベル別で教えてくれるところや、マンツーマンで英語学習ができるところを探してみるといいでしょう。そして結果的には、そういうところで初めから取り組んでいったほうが効果的でしょう。そこで練習すれば、時間はかかれど失敗を怖がることはなくなり、成長を促すことができると思います。もし思い悩んでいるなら思い切って体験レッスンへいって雰囲気を見ておきましょう!

 

英会話の勉強方法を考えよう

>>英会話 おすすめ